座る・寝かす時に使う

バンボはいつからいつまで使える?使い方は?実際に使ってみて【レビュー】

バンボはいつからいつまで使えるの?使い心地は?実際に使った感想【レビュー】

赤ちゃんがハイハイしはじめて、少しの合間だけ座らせてじっとさせたい。また、座らせて離乳食を食べさせれるベビーチェアはないのかなぁと探していた、あや(@aya_moku1979)です。

今回はベビーチェアのバンボのレビュー記事を書いていきたいと思います。

まず最初に、バンボてなに?バンボていつからいつまで使えるの?というかたの質問にお答えします。

バンボとは『ベビーソファー』のことです。

ベビーソファなので、ふかふかで柔らかいベビーチェアです。

特徴は、

  • 首が据わって(生後3ヶ月・4ヶ月頃)から14ヶ月頃まで使える
  • お手入れがしやすい
  • 軽いので持ち運びしやすい

バンボは、とっても使いやすい、ベビーソファーです。

あや
あや
赤ちゃんの首が据わってたので、座らせて離乳食を食べさせられたらなぁ?

と思ってるママさんに、おすすめのベビーチェアです。

あや
あや
バンボの正式名称は「バンボベビーソファ」といいます。

南アフリカ共和国が製造・販売している商品です。

あや
あや
まだお座りができない赤ちゃんをじっとさせておく方法はないかしら…

という娘の悩みを聞いた南アフリカ共和国のおじいちゃんが開発したものが「バンボベビーソファ」というベビー用チェアーです。

今では、世界130ヵ国以上の国々で愛され、多くのアワードを受賞してます。

また、子育てにとても役立つ商品として広く知られています。

  • 滑らかな質感とコロンとした見た目が可愛い。
  • カラーバリエーションも多数ある。

お気に入りの色のバンボを使うことで育児への意欲が湧いてくること間違いなしです。

あや
あや
今回は実際にバンボを使ってみた感想を詳しく書いていきたいと思います♪。
この記事でわかること
  • 実際に使ってみての、バンボのメリット・デメリット
  • 実際に使ってみて、バンボは、いつからいつまで使えるか?
  • バンボは、お風呂でも使える
座らせる・寝かしつける時にとっても便利な育児・ベビー用品今回は、座らせる・寝かしつける時に使うベビー用品で実際に使ってみたベビー用品・育児用品をご紹介したいと思います。 座らせる・寝かせ...
この記事の著者
あや笑顔

3人の子供を子育て中の専業主婦ライター

あや

Aya

プロフィール

大阪在住で、3人の子供を子育て中のママです。
実際に使ってみてよかった、育児用品・ベビー用品を、詳しくよかったこと、改善してほしいところなどを、わかりやすく書いてます。
ベビー用品は、使用期間が限られているものも多いので、少しでもみなさんのお役に立てればと思います。
Twitter(@aya_moku1979)はこちら
プロフィール詳細

バンボ(Bumbo)の特徴

バンボと箱の画像

バンボ(Bumbo)ベビーソファー使用時期

バンボ(Bumbo)ベビーソファー使用時期の目安
対象月齢
首が据わる時期(生後3ヶ月・4ヶ月頃)から
14ヶ月頃まで
適応体重
約10kgまで(約1歳過ぎまで)

参考:T-REX COMPANY 公式オンラインショップ
公式 Bumbo いつからいつまで

バンボは、首が据わったら使えます。

我が子の場合は、生後3ヶ月頃から使用し始めました。

首が据わったら、腰が据わらなくても利用できるベビーソファーが魅力のバンボベビーソファーです。

とにかく軽いバンボの重さは1.2kg

バンボ専用バッグ

バンボの重さは、1.2kgと、とても軽くて持ち運びも自由にできます。

例えば、食事時間になった時に、遊び場にある重たい木のイスを食事スペースに持って行きたいけど、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしていると重い…。

あや
あや
こんなこと、ありますよね。

そんな時でも軽量なバンボなら、楽々持って移動することが可能です。

しかも、バンボは柔らかい上質なポリウレタンフォームでできているため、多少上から床に落としても床を傷つけることがありません。

また、軽量なため、家の中だけでなく、座敷のある飲食店や公園といった外出先でも気軽に持ち運ぶことができます。

ぶつかってもケガをしない柔らかさもメリット

バンボを触った感じの画像

上記の写真のように、バンボを押すとくぼみができます。

これは、柔らかい上質なポリウレタンフォームを使用しているためです。

また、バンボには尖ったところや硬い角がありません。

そのため、赤ちゃんがイスにぶつかってしまってもケガをしにくく、安心して使用することができます。

安定感抜群のバンボは初めてのイスにぴったり

バンボに子供が座ってる斜め上からの画像

バンボ最大の特徴は「バンボカーブ」。

赤ちゃんが座るとバンボーカーブが体に沿って背中やおしりを包み込み、はじめてのおすわりをサポートしてくれます。

そのため、まだ腰が完全に据わっていない赤ちゃんでも安心して座らせることができます。

実際座らせてみると、赤ちゃんとイスの間に隙間がなくぴったりサイズで座り心地も抜群な様子でした。

バンボに子供が座ってる横からの画像
あや
あや
腰が据わったかな…。

と感じた8ヶ月頃に木製のイスに座らせてみたのですが、きちんと座ることができずに身体がずり落ち、泣かせてしまいました。

まだ、腰が完全に据わっておらず、身体が不安定だったのでしょう。

やはり、上手にイスに座ることができるようになるためには、体感を身につけ、バランス感覚をつかめるようになることが大事です。

それまではバンボの「バンボカーブ」にお世話になろう、と感じた瞬間でした。

また、赤ちゃんが、イスに座ると周囲の景色を見渡すことができます。

まだおすわりできない赤ちゃんでも、早くから周囲を見渡すことができるため、赤ちゃんの知的好奇心を満たしてあげることができます。

あや
あや
良い刺激になっている、子供の姿をみると楽しめますよ。

バンボはいつからいつまで使った!実際に使ってみての感想

商品情報によると、首が据わって~14ヵ月頃までと記載されています。

バンボ(Bumbo)ベビーソファー使用時期の目安
対象月齢
首が据わる時期(生後3・4ヶ月頃)から
14ヶ月頃まで
適応体重
約10kgまで(約1歳過ぎまで)

我が家の子真ん中の子と下の子で使用しましたが、どちらも生後3ヵ月頃から利用し始めて、1歳頃にはバンボを卒業し、普通のイスを使用しています。

利用し始めたのは、個人差もあると思いますが、我が子たちは、生後3ヶ月頃に首が据わったので、生後3ヶ月頃から使用してます。

次に1歳頃にバンボを卒業した、理由を書いていきます。

バンボを卒業した理由は3つ、

  1. 腰が十分にしっかりしてきたから。
  2. 赤ちゃん自らイスに座る力を身に着けてほしかったから
  3. 赤ちゃんの体格とバンボが合っていないと感じたため
①腰が十分にしっかりしてきたから。

バンボカーブ」に頼るのではなく、赤ちゃん自身でイスに座る練習をさせてあげたいと思うようになりました。

②赤ちゃん自らイスに座る力を身に着けてほしかったから。

いつかは赤ちゃんは、自分でイスに座りご飯を食べます。

バンボは赤ちゃん一人で座る力をつけることが難しいため、ローチェアーへと移行していきました。

③赤ちゃんの体格とバンボが合っていないと感じたため。

赤ちゃんの足がバンボに入らなかったり、バンボに座って食事をとる際に、胃を圧迫しているように感じ、赤ちゃんが苦しそうに見え、使用しなくなりました。

赤ちゃんの体型にもよりますが、ムチムチボディーの赤ちゃんは細身の赤ちゃんよりも卒業する時期が早いかもしれません。

あや
あや
体形によって、いつまで使えるかが違ってくると思います。

また、赤ちゃんが大きくなるとバンボから脱走します。

腰ベルトが付属品として付いているので、腰ベルトをすることで、安全に使用可能です。

しかし、万が一を考え、たびたび脱走しそうな様子が見られたら、バンボ使用はやめておく、又は親の目の届く時に使用した方がいいと思います。

バンボを購入した決め手

私が、バンボのベビーソファにした決め手は、

  1. 柔らかいので座り心地がいい
  2. 汚れてもお掃除しやすい。
  3. 見た目がかわいい。

柔らかいので座り心地がいい

バンボを触った感じの画像

腰の据わってない赤ちゃんを座らせるので、赤ちゃんの座り心地は1番重要だと思います。

バンボは、柔らかく赤ちゃんも座っていて気持ちよさそうという口コミが多かったのが1つ目の決め手です。

実際に使ってみても、我が子がとっても気持ちよさそうに座ってるのをみて買ってよかったなぁと思いました。

汚れてもお掃除しやすい。

赤ちゃんを座らせてミルクをあげたり離乳食を食べさせたりすると絶対に汚れます。

バンボは、ミルクや離乳食で汚れても綺麗に拭き取ることができます。

いつでも清潔な感じを保てるのが2つ目の決め手です。

見た目がかわいい。

使い勝手も決め手ですが、やっぱりかわいい育児用品・ベビー用品を選びたいです。

かわいい子を、さらにかわいくするのて、ママの楽しみのひとつかなぁと思います。

かわいい感じのベビーソファだったのが、最後の決め手です。

バンボの実際に使ってみてのメリット・デメリット

バンボに子供が座ってる前からの画像

バンボのメリット

持ち運びやすく、どこにでも持っていくことができる。

汚れても綺麗に拭き取ることができます。
素材にポリウレタンフォームを使用しているため、水を弾く特徴があります。
このため、汚れや水分をふき取ることができ、清潔さを保てます。

付属品の「バンボ専用プレートレイ」を取り付けることが可能
食事中やじっと遊んでもらいたい時に便利です。

写真撮影時に便利です。
まだおすわりできない赤ちゃんでもバンボに座らせて写真を撮ることができます。
部屋の壁紙を可愛く装飾し、「〇ヵ月記念」や「初節句」時に綺麗な写真を撮って残すことができます。

バンボはよくない?デメリット

足回りのサイズがきつい。
イスに座らせる時に赤ちゃんの足がバンボに入らなかったり、イスから降ろす時にバンボから赤ちゃんの足が抜けずに困ることがしばしばあります。

あや
あや
赤ちゃんの体系によりますが…

首を支えることができない。
座っている時に寝てしまったら、首が後ろに倒れることがあります。

前かがみになると胃を圧迫し、とてもきつそうに見えるため、長時間座らせられません。

寝ている時に、家事を済ませようと思いがちですが、それができないため不便です。

バンボの値段は?

バンボ全体の画像

お値段は約7,000円程で購入できます。

別売りで「バンボ専用プレートレイ」が約2,000円程で購入できます。

他社の製品と比較してみました

バンボと同じような製品を探してみました。

実は、こんな便利なイスはバンボだけではないのです。

他にもいくつかご紹介したいと思います。

こちらの、おすすめのベビーチェアの選び方の記事も参考にしてみて下さい。

赤ちゃん 椅子はいつから使う?実際に使ってみて、おすすめのベビチェア離乳食を食べさせたり、赤ちゃんを座らせて遊ばせるのにベビーチェアを重宝しているあや(@aya_moku1979)です。 今回は、我...
商品名 重さ 使用時期 特徴 値段

バンボ
約1.2kg 生後3ヶ月頃〜14ヶ月頃 1.2kgと軽いので、簡単に持ち運びができる。 約7,000円
トレイ約2,000円

カリブ
約1.4kg 生後3ヶ月頃~14ヶ月頃 足回りが広く、長時間使える。 約3,500円
(専用トレイ付き)

リッチェル ごきげんチェア
約1.3kg 生後3ヶ月頃~5歳頃まで リビングでもダイニングでも使える2way仕様 約4,000円
(テーブル付き)

ingenuity
約2.0kg 生後6ヶ月~6歳頃まで 2way仕様で3・4歳まで使える。 約6,500円
(専用のトレイ付き)

コアラシート
約5.7kg 生後3ヶ月頃~約48ヶ月 不安定な赤ちゃんの頭を、高めの背もたれでしっかりサポートしてくれる。 約15,800円
(専用トレイ付)

bebePod FlexPlus
約1.7kg 生後3ヶ月頃~12ヶ月頃 テーブルにおもちゃを取り付けられる。
バンボより安い。
約6,000円
(専用トレイ・玩具付)

ベビーチェアの種類は、沢山あります。

今回は、バンボのレビューですが、調べてみると値段も特徴も様々なようです。

他のローチェアのレビューが見たいかたはこちらの記事をどうぞ

バンボ・カリブ比較してみました

あや
あや
上の表を見てバンボとカリブ同じようだけどカリブのほうが安い♪どう違うの?

という疑問が出たかたのために、バンボとカリブの違いについて書いていきたいと思います。

バンボもカリブいつからいつまで使えるのか?

あや
あや
バンボとカリブの使用時期は同じです。
バンボ・カリブベビーソファー使用時期の目安
対象月齢
首が据わる時期(生後3ヶ月・4ヶ月頃)から
14ヶ月頃まで
適応体重
約10kgまで(約1歳過ぎまで)

バンボカリブの素材は同じなのか?

バンボとカリブとも、ポリウレタン素材を使用してます。

形状はどうなの?

あや
あや
1番の違いは形状です。

カリブは、座面がバンボより浅く、足回りの部分がバンボより広いです。

沢山あると迷うますが、赤ちゃんにあったものをぜひ探してみてください。

バンボの使い方

あや
あや
では、実際に我が家でバンボはどんなときに使用しているかご紹介します♪
  • お風呂でも使えますが、赤ちゃんの安全面に配慮し、使わないよう注意事項欄に記載されています。
  • 長時間座らせると赤ちゃんに負担がかかるので、あまり長い時間は使わないようにしてます。

ご飯を食べさせるとき

赤ちゃんに離乳食を食べさせるときやミルクを飲ませるときに使ってます。

赤ちゃんの顔を見ながら表情でコミュニケーションをかわすことができます。

ちょっとした家事をするとき

目を離さないでも使える家事などに使ってます。

『アイロンをかける時』『洗濯物をたたんだり』『食事の準備』などの作業中に、赤ちゃんが横でご機嫌に座っていると、とても安心します。

絵本の読み聞かせをするとき

バンボに座らせて、絵本の読み聞かせをするときにとても便利です。

ママの表情を見ながら絵本が見れるのでとても、ご機嫌に聞いてくれます。

外食時するとき

持ち運びもできる大きさなので、家族での外食時で座敷があるいつも行くお店などは安心して使えます。

いくら安心・安全とはいえ、赤ちゃんの行動は予測不可能なことも多いので、目を離さないようにして使用してます。

バンボはいつから使えるの?使い心地は?実際に使った感想【レビュー】まとめ

バンボのベビーソファーは、生後3ヶ月頃から使用できます。

バンボはいつからいつまで使えるかというとバンボは、生後3ヶ月・4ヶ月頃から14ヶ月頃まで利用できます

バンボは軽いので、持ち運びやすく、どこにでも持っていくことができます。

また、汚れても素材がポリウレタンフォームのため綺麗に拭きとることができます。

付属品の「バンボ専用プレートレイ」を取り付けると食事中や
じっと遊んでもらいたい時に便利です。

また、記念写真の撮影などバンボに座らせて写真を撮るとインスタ映えのする写真を撮る事もできます。

あや
あや
最後まで読んでいただきありがとうございました♪。

離乳食を作る・食べさせるときなどに使うと便利なモノのレビュー記事はこちら

ABOUT ME
あや
あや
この記事を書いた、主婦でライターのあやと申します。

今は3人の子供達を育てるママです♪。

私は昔、アメリカで約2年働いていたので英語は得意です♪。

私は記事を書くのが大好きで、詳しく丁寧にを心がけて書いてます。

記事を読んで、疑問や質問などがあれば、当ブログかTwitterに気軽にお声掛けください♪
ベビー用品は、コンビ公式サイトがおすすめ
あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)