キッズ用品

【女の子】大峡製鞄(おおばせいほう)のオオバランドセルのおすすめポイント

もくりんぐ
もくりんぐ
みなさ〜ん こんにちは〜、3人子供を子育て中のもくりんぐ(@mokurin1979)です。

今回は、セレブ御用達のランドセル、大峡製鞄(おおばせいほう)のオオバランドセルについて書いていきます。

 大峡製鞄(おおばせいほう)のオオバランドセルは、80年以上も前からランドセルを作り続けている老舗ランドセルメーカーです。

大峡製鞄はランドセルの草分け的ブランドで、有名な私立校指定のランドセルとして採用され、「皇室こだわり名品図鑑」にも載っているセレブ御用達のランドセルメーカーですが、最近はとっても人気があります。

大峡製鞄(おおばせいほう)のオオバランドセルの値段は、51,840円(税込)オリジナル・クラリーノ172,800円(税込)総コードバンまで幅広く取り揃えています。

子供が小学校入学を控えたご家族の皆様、ぜひこの機会に 大峡製鞄(おおばせいほう)のオオバランドセルを使ってみてください。

オオバランドセルfor ガールズ
もくりんぐ
もくりんぐ
私のおすすめはこちら

オオバランドセル女の子向けの人気ランドセルの中でも人気の高いのがforガールズです。

革の種類は、本革ではなくオリジナルのクラリーノを使っています

forガールズは、軽量、高密度素材の繊維で、撥水効果も高く、軽くて丈夫なランドセルになっています。

本革のランドセルと比べてデザイン性が高く、女の子には軽くてかわいいランドセルを重視するご家庭も多く、forガールズは人気に高いモデルです。

モデルforガールズ
重さ 1,060g
カラーバリエーション6色(赤、チェリー、ピンク、スカイブルー、ラベンダー、チョコ)
価格 58,300円(税込)
おおばせいほうのランドセル2021

2021年度用は4/1より販売開始です。

2021年度用の大峡製鞄のランドセルの販売スケジュールが公開されました。

【オンライン販売:2020年4月1日(水)より】
オンラインショップはこちら

2021年の人気ランドセル情報はこちら

【2021年入学の方向け最新情報】女の子におすすめ人気ランドセルのランキング7選 ランドセルの購入は、早くて入学の1年前の春から秋にかけて購入される方が多いようです。 我が家も、小学校入学の準備のためにラ...
この記事でわかること
  • オオバランドセルの特徴
  • オオバランドセルのおすすめポイント

大峡製鞄(おおばせいほう)オオバランドセル口コミみんなの評判

もくりんぐ
もくりんぐ
まずは、Instagramよりオオバランドセルのインスタ映え画像をご覧ください。
オオバランドセルInstagramの口コミ&評判

オオバランドセルTwitterの口コミ&評判
もくりんぐ
もくりんぐ
次にTwitterの口コミをご覧下さい。

皇室御用達のランドセルだけあって大峡製鞄(おおばせいほう)オオバランドセルは人気です。

大峡製鞄(おおばせいほう)オオバランドセル特徴

オオバランドセルは、特に品質が高く世界的評価を受けるブランドであり、各種コンクールにおいて文部大臣賞などを受賞するなど、実績のある匠の技を結集させた最上級のこだわり抜いたランドセルです。

オオバランドセルの特徴は、一切の妥協を許さない5つのポイントがオオバランドセルの特徴です。

  • 厳選された超一級品素材のみを使用
  • 革味を尊重したシンプルなデザインと美しさ
  • 皇室御用達で安心の品質
  • 歴史と伝統を誇る職人の手縫いのランドセル
  • 背負いやすさにもこだわり

オオバランドセルと他の量産品を比較すると、際立つ縫製技術と背負った時の重さを軽減する独特の傾きの理論に違いがあります。

オオバランドセルの魅力『職人さんの優れた技』

  • 機能性及び使いやすさ
  • カラーやデザイン
  • 耐久性・丈夫さ・保証

機能性及び使いやすさ

 
一般的にランドセルは垂直に背負えるように設計されていますが、オオバランドセルは「斜め」に傾くように設計されています。

その結果背中全体にフィットする仕組みになりより一層肩の負担が減り、軽く感じるように設計されています。

特許出願中のランドセルの形を台形型にして、A4フラットファイルが収納できる「トラピーズ」は、大きくなっても見た目は変わらない美しい新しい形のランドセルです。

背中部分には身体にフィットする凹凸の「マミーズタッチ」を採用し、4重構造で蒸れにくく、ホールド性をキープする作りになっています。

この凹凸によりランドセルの下の部分が子供の腰に当たり、後ろにずれやすくなっているのです。

肩ベルトもゴムで覆ってあるので痛さや不快感なく背負うことができます。

カラーやデザイン

オオバランドセルのモデル数
  • プレミアムシリーズから5種類
  • トラディショナルシリーズから4種類
  • For Boy&For Girlsシリーズから7種類

オオバランドセルではプレミアムシリーズから5種類トラディショナルシリーズから4種類For Boy&For Girlsシリーズから7種類のモデルを展開しています。

できるだけ無駄を省いたシンプルなデザインにこだわっていますが、革の素材をいかしたシンプルなデザインから、女の子に人気が高いハートモチーフを使用したランドセルなどバリエーションも豊富です。

目利き職人が厳選したコードバンや、ヨーロピアンカーフを初めとした超一流素材を使用しているので、華美な装飾などがなくても、革の味わいが出ているランドセルです。 

もくりんぐ
もくりんぐ
オオバランドセルは、使えば使うほど光沢が増し重厚感が出てきます。

そして、トラピーズに対応しているモデルは、カブセが小さめで、美しさと実用性を兼ね備えたデザインになっています。

ただ、A4のフラットファイルに対応していないモデルもあるので大きめのランドセルを購入したい方は注意が必要です

耐久性・丈夫さ・保証

オオバランドセルは、量産品の特徴である機械によるミシンいとは全く異なり、熟練の職人が「目打ち」と「菱切り」と呼ばれる道具を使い、重要な部分を手縫いで丁寧に仕上げています。

この手縫い仕事で頑丈なだけでなく、美しいランドセルの仕上がりとなっています。

天然皮革が伸びにくく曲がりにくい位置に「目打ち」をする必要があるので、天然皮革の扱いは簡単ではなく、革を知り尽くした職人の目利きと技術が必要とされます。

ミシンでさらにまち部分には、「はがね」と「樹脂」による補強材を入れ、オオバランドセルオリジナルの特許を取得しています。

また、ロングカブセを使用し、毎日の開閉にも耐えられるように背板上部まで回り込み、付け根ベルトと一体化させる作りになっています。

オオバランドセルは美しさだけではなく、耐久性にも優れていることがわかります。

そして、6年間のアフターサービスが付いており、もしもの場合の修理も対応可能です。

もくりんぐ
もくりんぐ
普通に使っていれば、6年間壊れることはないけど、もしもの場合もあるので、アフターサービスは安心のひとつです。

オオバのランドセルの安心ポイント

  • 軽く感じて背負いやすい
  • ランドセルを6年間きれいな状態に
  • 耐久性と保証

   

もくりんぐ
もくりんぐ
女の子にうれしいやさしい品質になってます。

軽く感じて背負いやすい

まだ体力のない女のお子さまのからだへの負担を減らすためには、軽さと共に、ぴったりフィットして「軽く感じる」ランドセルを選ぶことが大切です。

からだにフィットさせて体感重量を軽くするランドセルの「斜めの設計」及び「台形型」、背中にフィットする凹凸の「マミーズタッチ」、肩ベルトにゴムの覆いを施すなどの機能にこだわり、女の子に優しい快適に背負えるランドセル作りを心掛けています。

ランドセルを6年間きれいな状態に

オオバランドセルは、厳選したコードバンやヨーロピアンカーフなど超一流素材を使用しており、あくまでも革の味が出せるよう細心の注意を払いランドセルづくりをしています。

そして、トラピーズに対応しているモデルは、カブセが小さめで、美しさと実用性を兼ね備えたデザインになっており6年間キレイな状態で使うことができます

耐久性と保証

重要な部分を手縫いで仕上げ、さらにまち部分には、「はがね」と「樹脂」による補強材を入れ、オオバランドセルオリジナルの特許を取得しているロングカブセを使用し、毎日の開閉にも耐えられるように、背板上部まで回り込み付け根ベルトと一体化させています。

全ランドセルに撥水加工が施されているので雨の日でも安心して使用できます。

熟練の職人が手縫いで仕立ての完成したランドセルは4万回もの屈折試験に耐え得る強度があり、カブセを一日十回開閉しても10年間は使用できる強度を持っています

こんな方におすすめ

  • 素材にこだわり
  • 手縫いのもの
  • シンプルなデザイン
  • 強度に優れている

 

シンプルなデザインで高級感あるランドセルをお探しの方におすすめしたいランドセルです。

大峡製鞄(おおばせいほう)のオオバランドセル三越伊勢丹とオリジナルと違いは

もくりんぐ
もくりんぐ
オオバランドセルには、三越伊勢丹とコラボしたいランドセルがあります。
こちらのランドセルを、詳しく書いていきます。
オリジナル製品三越伊勢丹製品
背カンの立ち上がりなしゴンバーン・イタリアンレイザー:なし
牛革・クラリーノ:あり
背カンの動き固定型ゴンバーン・イタリアンレイザー:固定型
牛革・クラリーノ:動く
背中面の構造
(背あて部分)
中央の凹み部分から斜めにのびる空気の逃げ道あり(一部U字) ゴンバーン・イタリアンレイザー: 中央の凹み部分から斜めにのびる空気の逃げ道あり(一部U字)
牛革・クラリーノ:U字
A4フラットファイル対応対応
ランドセルの型トラピーズ(台形)ゴンバーン・イタリアンレイザー:トラピーズ(台形)
牛革・クラリーノ:キューブ型
背カンの立ち上がり

背カンの立ち上がりが有るか無いかで背中の密着度がまったく違うのでランドセルを背負った時の体感の重さが変わってきます。

(出典;村瀬鞄行 オンラインショップ

三越伊勢丹オオバランドセル一覧表

商品名素材価格重さ背カンの立ち上がり自動ロックA4フラットファイル対応サイズ(内寸)

クラリーノキューブスタンダードランドセル
クラリーノ64,900円(税込)約1150gありありありマチ12㎝×幅23㎝×深さ31.5㎝

牛革キューブスタンダード
牛革75,900円(税込)約1340gありありありマチ12㎝×幅23㎝×深さ31.5㎝

コードバン
コードバーン154,000円(税込)約1390gなしなしありマチ12㎝×幅23.5㎝×深さ31㎝

ヨーロピアンカーフ
子牛革102,300円(税込)約1340gなしなしありマチ12㎝×幅23.5㎝×深さ31㎝
もくりんぐ
もくりんぐ
おすすめは、背カン立ち上がりがある三越伊勢丹の牛革・クラリーノです。
背カンの動き

こどは、6年間で体が大きくなります。

体が大きくなってランドセルを背負ったとき1番きゅうくつさを感じるのがランドセルを背負うときとおろす時です。

背カンに動きがあると体が大きくなっても背負いやすさが変わりることがありません。

背中面の構造(背あて部分)

背中面は、凹みを付けることで、通気性をよくしています。

A4フラットファイル

宿題や連絡帳など最近は、A4のクリアファイルを使用することが多く、ほぼすべてのランドセルで対応してるようになってます。

ランドセルの形

オオバランドセルでは特許出願中の「トラピーズ」という台形型のものがメインです。

トラピーズ型(台形)は、A4フラットファイルが入るように作られたものです。

背中部分のほうを少しだけ広げ、フタがかぶさるほうは少し小さいくしてます。

最大で、1.5センチしか差がないのでランドセルを下からよく見ないと台形の形になってるかはわからないぐらいです。

ランドセルの中は広くなったのに見た目には小さく見えるという新しい形です。

最近はランドセルのヘリの部分をなくして四角い形をしたキューブ型が主流になってます。

大峡製鞄(おおばせいほう)のオオバランドセルまとめ

オオバランドセルは、200もの工程で製作され、4万回の屈折試験にも耐えるように作ってあるので、6年間しっかりと使える耐久性があります。

もくりんぐ
もくりんぐ
他のランドセルと比較しても随所に光った創意工夫がありますね!

オオバランドセルは、体にフィットしてランドセルがぐらつかない工夫や、脇がしっかりとして痛くないし左右に動かない、そして凹凸形状が背中にフィットするように色々な工夫がされています。

もくりんぐ
もくりんぐ
使えば使うほど体に馴染むことが手作りランドセルの良さですね。

背当てや肩ベルトなどがお子さまの背中に吸い付くようにぴったりとなってくるので、背負って通学する負担が少なくなります。

オオバランドセル独特の腰への斜めの傾きが背中全体にフィットする仕組みになっているのが最大の特徴です。

子供が6年間でどれくらい体型が変わるかというと、身長は平均で約30センチ伸びます。

そして、一日の授業時間が5時間とすると、教科書は5冊必要です。さらに、ノートも5冊はいります。

これだけでも、ランドセルの重さは約3kgくらいになります。

この3kg以上のランドセルを毎日背負って登下校するわけです。

小さな1年生にとって3kgのランドセルを毎日背負って登下校するのは、最初は少し辛いかもしれません。

でも子供の成長はすさまじいものがあって、数カ月もすれば平気になります。

重く感じる時に、ランドセルの重さを軽くするのは難しいのです。

解決策は、体にぴったりとフィットできるランドセルがどうかです。

ランドセルのフィット感が、子供への負担を左右する重要な鍵となります。

もくりんぐ
もくりんぐ
ランドセルは、背中とランドセルの間に隙間ができないことが重要なんです。

オオバランドセルは斜めの設計により下に引っ張られ、前傾姿勢にならずに自然な姿勢が保たれます。

オオバランドセルは高級感のあるイメージがありますが、長く愛される理由はここにあります。

男の子のランドセルは、ぴろまえさんの『ふぁみぱ』の記事をご覧ください。
男の子のランドセルランキングの記事はこちら
あわせて読みたい記事