パパライフ

単身赴任になったら食事はどうする?単身赴任中、健康に過ごす食事をするには?

もくりんぐ
もくりんぐ
みなさ〜ん こんにちは〜、単身赴任を1年半経験した事のあるもくりんぐ (@mokurin1979)です。

会社から、転勤の辞令が出て家庭の事情で単身赴任を選択せざるを得ない方もいると思います。

私の場合は、家を買ったばっかりで家を手放すわけにはいかず単身赴任を選択しました。

もくりんぐ
もくりんぐ
家族と離れて過ごすのはやっぱり寂しいです。

1番、寂しかっねは、新大阪駅まで奥さんと小さかったお姉ちゃんの2人で見送りに来てくれて、新幹線が出発した時でしたね。

ちょうど昼食時だったのですが、子供が泣いて奥さんが大変そうな姿が今でも脳裏に残ってます。

この単身赴任で、心配なことが食事です。

単身赴任中、毎日、コンビニの弁当や外食で好きなものばかり食べていると、健康面がどんどん悪くなっていきます。

私は、奥さんがワタミの宅配弁当をたのんでくれて、夕食はワタミのヘルシー弁当を食べて過ごしてました。

今回は、転勤は何故あるのか?
単身赴任中にいちばん心配な、食事について書いていきます。

この記事でわかること
  • 単身赴任中の食事について、栄誉が偏らない食事にする方法。
  • 転勤をするメリット・デメリット
もくりんぐ
もくりんぐ
単身赴任についても後半に、書いてるのでよかったら読んでください。

単身赴任 もくりんぐの思い

単身赴任についてを見る

体験談

【夜行バスを利用の方】夜行バスの価格の調べ方&おすすめ夜行バス会社5社をご紹介。夜行バスは、夜に出発して翌朝に目的地に到着する長距離バスのことを言います。 夜行バスは、高速道路を走るねで、夜間高速バス又は夜行高速バスなどと呼ばれることもあります。...

単身赴任中の食事事情

もくりんぐ
もくりんぐ
単身赴任中の、パパの食事事情について書いていきます。

会社から帰ってまず思うことは、『ゆっくりしたい』。

食事1人分を作って後片付けをするのはとてもめんどくさいです。

その為、外食するかコンビニで弁当を買って食べることが多くなります。

休日も1人で作って、1人で食べて1人で後片付けをするとなると気が重くなり、やっぱりコンビニか外食になってしまいます。

そうすると、自分の好きなものだけを食べる生活になってしまいます。

結果的に、健康診断で悪い数字を連発させることになります。

家で奥さんがいると、健康に気をつけてくれて、バランスよくおかずを食べさせてもらえるんですけど、単身赴任だとどうしても自分にあまくなってしまいます。

『仕事頑張ったんだから、ちょっとぐらい大丈夫』て思ってしまうんですよね。

若い頃の1人暮らしの時ならまだ、体も若いのでいいのですが、30歳半ばの単身赴任は注意が必要です。

単身赴任中もバランスのいい食事をするには?

単身赴任中に、バランスのいい食事をするには、『宅配弁当』がいいです。

ご飯だけ炊くようにしておいて、おかずは宅配弁当を食べるようにするだけでバランスのいい食事ができます。

私の場合は、奥さんがワタミのお弁当を平日だけ手配してくれて帰ったら家の前のクーラーボックスに弁当を入れてもらう感じにしてもらってました。

当時は、ワタミのお弁当は訪問介護用で、ホントは玄関前のクーラーボックスに配達するシステムはやってなかったようですが、奥さんが上手く交渉してくれました。

宅配サービス、ワタミとは

ワタミの宅食ダイレクト」は、塩分やカロリーに配慮して管理栄養士がレシピからメニューまで設計した『冷凍の惣菜』を配達してくれます。

配達エリアは、国内全域をカバーしてます。
(離島など一部冷凍食品がお届け出来ないエリアは除外。)

単身赴任の食事にとっても便利に使える『ワタミの宅食』。

冷蔵のお弁当宅配は、「ワタミの宅食」が国内NO1です。
その『ワタミの宅食』の経験と実績を活かした、便利でおいしい、冷凍のお惣菜は単身赴任の夕食におすすめです。

何故単身赴任をするのか?

単身赴任とは、家族を持つ人が本人一人だけで任地へ行って働くことです。

会社員は、転勤の辞令が出る事により家族の生活環境や転勤先の環境によって単身赴任を選択する事になります。

辞令という、たった1枚の紙切れによって家族が、かなり悩まされます。

この転勤にいったいどんなメリットがあるのでしょうか?

転勤のメリット

・人間関係、環境がリセットされる
・人脈が広がる
・銀行などは不正防止対策しての役割もあるようです。

転勤のデメリット

・引っ越しの面倒である
・子育て等の生活の環境の変化
・妻の仕事と転職
・持ち家を決められない、親の介護

転勤で、単身赴任をする環境とは?

①子供の学校があり転校させれない。
②奥さんにも仕事があり、辞めれない。
③家やマンションを購入したばかり。
④勤務地が海外で治安が悪い。

単身赴任中の生活の知恵

単身赴任中で一番お金がかかるのが食事代です。

なかなか自炊するのは難しいので毎食弁当か外食になります。

朝昼夕の3食弁当か外食の場合だと5万円では足らないと思います。

さらに外食ばかりだと栄養も偏りがちになってしまいます。私の場合は、夕食だけワタミの配達食を食べてました。

栄養バランスもとれて、月額で1万円ぐらいだったと思います。

昼食は会社のお弁当(給料天引)があったので月のおこずかいは、1万円でやりくりしてました。

次に自宅に帰る時の交通費ですが、私の会社は月一回交通費の帰省手当の支給があったのでこの手当をうまく使って帰省してました。

新幹線や飛行機を乗にのると1回でなくなってしまうのですが、これを夜行バスにすると2回、うまく使うと3回分の費用になってました。

もくりんぐの単身赴任の体験談

もくりんぐ
もくりんぐ
もくりんぐも、長女が2歳の時東京に転勤になりました。

ちょうど住宅を購入しようとしていた頃で、一軒家を購入し契約も済ませて、間取りをきめていたころに会社から内示がありました。

聞いた瞬間、顔が青ざめました。

その頃、「家を買うと転勤になる」というジンクスをよく耳にしたものです。

上司からは、

上司
上司
神奈川にいったらいつ大阪に戻れるかはわからない

と言われました。

それから、決めるまでの数日間は、奥さんと話し合っていろいろ考えました。

いろいろ気持ちが揺らぎ、さすがに悩みました。

憧れのマイホームで家族との生活を優先するのか、それとも転勤して、出世を目指して将来の安定を目指すのか。

退職の文字も頭をよぎりましたが、悩み抜いて、ローンの返済等まだまだ頑張って働かないといけないので、お互いがんばろうという家族の決断に至りました。

転勤で、単身赴任すると決めたら、

まずやる事は単身赴任中生活に必要なものをそろえる。

私の場合は、新築の家の準備もあるし、東京での単身赴任生活に、あまりお金はかけられません。

その時幸運にも、たまたま東京での単身赴任が終了し大阪に帰るタイミングの人を紹介してもらう事ができ、その方にベットなどなどいろいろと頂いてとても助かりました。

東京の単身赴任生活で、新たに購入したのは、テレビと蛍光灯&掃除機とドライヤーぐらいだったと思います。

あと、奥さんが夜ご飯の心配をしてくれて、コンビニ弁当やら、外食が多いと健康にも悪いしお金もかかるということで、毎晩の食事には、ワタミの宅配サービスを奥さんが手配してくれました。

手渡しが基本のワタミの宅配サービスですが、帰る時間が遅くなる事もあり事情を説明するとクーラーボックスに入れて配達OKになりました。

1番もったいないと思ったのは、NHKの受信料。
大阪でも払ってるけど、いくらかは払わなくてはいけないようだったので払いました。

結局は、1年半の単身赴任生活でした。

【初めて夜行バスに乗る方】夜行バスに乗るときに持って行くとおすすめな物をご紹介します。 遠距離の移動手段として夜行バスは、安価でとても便利です。 しかし、長時間の移動になり長時間狭い場所にいるのはとても辛い時間...
あわせて読みたい記事