赤ちゃん・幼児

専業主婦でも家事育児を1人でこなすのは大変!夫婦で分担することが夫婦円満のポイント♪

もくりんぐ
もくりんぐ
みなさ〜ん こんにちは〜、小学生から1歳の赤ちゃんまで3人の子供達を子育て中のもくりんぐ
@mokurin1979)です。

育児の大変な時期の専業主婦のママは、とっても大変。

家事・育児のやるべきこと
  • ご飯の準備・片付け
  • 赤ちゃんのお世話
  • 幼稚園の準備
  • 小学生の準備
  • 子供の習い事の準備
  • 家のお掃除
  • 定期宅配のチラシチェック
  • お買い物

大まかに、書き出してもこんな感じでたくさんあります。

さらに細かく見ていけば、

育児
  • 赤ちゃんにご飯を食べさせる
  • 子供のオムツを変えてあげる
  • 子供の歯磨きをする
  • 子供とお風呂に入る
  • 子供に本を読む
  • 子供と遊ぶ
  • 子供のしつけ(片付けをさせる)
  • 子供に勉強を教える
  • 子供を寝かせつける
  • 子供を病院に連れて行く
  • 子供の看病をする
家事
  • 食後の食器洗い
  • 洗濯物を干す・たたむ
  • お風呂の掃除
  • 排水溝の掃除
  • ゴミの日前のゴミあつめ
  • ゴミ出し

私の思いつくことを書いて見ましたが、
育児・家事でやることはまだまだあると思います。

家事と育児がかさなる時はさらに大変で、

例えば
赤ちゃんがいる場合は、みんなのご飯を準備してさらに、赤ちゃんのミルクやら離乳食の準備をみんなのご飯とは別で準備しなくてはいけません。

もくりんぐ
もくりんぐ
私も、たまに離乳食を、作るけど離乳食はとっても手間がかかって大変なんですよね…

そこで、我が家は、私が率先して家事や育児をすることでママの負担を少なくしています。

仕事をして疲れてるから、子育てと家事は全部ママに任せたい』と思ってるかたにぜひ読んでもらいたいです。

今回は、パパが積極的に家事・育児に参加するメリットを書いていきたいと思います。

この記事でわかること
  • 世の中のパパ、育児参加比率
  • パパが家事育児を積極的にするメリット

世の中のパパはどのぐらい育児をやってる?

もくりんぐ
もくりんぐ
世の中のパパは、育児をどのぐらいやっているかのアンケートをTwitterでやってみました。

アンケートの結果
積極的に育児や家事を頑張ってるタイプの方

ママに言われたら家事や育児をやるタイプの方

どうやら、タイプが2つに別れるようです。

パパは外で働いているから家ではゆっくりしたいと思うのもわかりますが、ママに言われたら家事や育児をやるタイプの方はぜひ、ママに言われる前にやってみて下さい。

メリットは、

  • ママがとっても喜びます。
  • 今までママに言われて嫌々やっていたことを、何も言わずにママがやってくれる

自分のできる事を積極的にやると、言われてからやるよりかなり楽です。

育児や家事をパパママで分担しょう

大切な子供達をすくすく育てるためにパパとママで育児や家事を分担しましょう。

パパが家事をやっている時は、ママが育児をやります。

逆に、

ママが家事をやってる時は、パパが育児をやります。

昔は、お爺ちゃん・お婆ちゃんと住んでいる家庭が多かったので、パパは家事や育児をしないのが当たり前でした。

昔のドラマ(NHKのおしん)を見ていると、旦那さんが家事や育児をするシーンで、お姑さんが

近所の人に見られると恥ずかしいからやらないで欲しい』というシーンもありました。

しかし、これは大正〜昭和の時代のお話。

昭和〜平成〜令和と、生活スタイルから周囲の環境まで大きく変化してきました。

令和の現在は、祖父母と暮らす家庭は少なく共働きの家庭も多いです。

そのため、祖父母の助けが受けられない現在の生活スタイルではパパの育児参加はとっても重要です。

ワンポイントアドバイス

上手く時間を使って家事をしてると、オムツのうんち替えなど嫌なことを、回避できる場合もあります。

イクメンパパになる(する)まで

もくりんぐ
もくりんぐ
やりやすい簡単なことから、徐々に難易度をあげていくといいです。
赤ちゃん編
  • STEP1
    赤ちゃんを抱っこ
    まずは、赤ちゃんを抱っこが機嫌がいいときに、赤ちゃんを抱っこして赤ちゃんとスキンシップをとりましょう。
  • STEP2
    赤ちゃんをお風呂に入れる
    次に、週末など時間があるときに赤ちゃんをお風呂に入れてあげましょう。
  • STEP3
    赤ちゃんにミルクをあげる
    赤ちゃんにお茶やミルクをあげましょう。

初めての場合はパパも、何をしていいかわからないと思うので、簡単にできることからゆっくり赤ちゃんとせっしてみてください。

家事 編
  • STEP1
    洗濯物をたたむ
    まずは、ママと一緒に会話しながら楽しく洗濯物をたたみましょう。
  • STEP2
    お皿を洗う
    夕食後にお皿洗いをしてみましょう。
  • STEP3
    風呂掃除をする
    休日の時間がある時にお風呂を洗いましょう。

やりやすい育児・家事から、少しづつやっていくといつの間にかイクメンと呼ばれるようになってます。

何事も継続することが大切です。

体調など無理そうな時は、ママとしっかり話し合って休憩時間も確保しながらやってみて下さい。

育児に悩みがある場合はパパママで一緒に解決

育児の悩みは、パパママで話し合いながら解決していきましょう。

パパママで考えかたや思っていることは違います。

また、ママは良く調べているので悩みの解決に導くアイデアをたくさんもってます。

子育てには、悩みはつきものです。

赤ちゃんの頃の悩み、

幼児期の頃の悩み、

小学生の頃の悩み、

成長していくにつれて、悩みも多種多様になってきます。

パパも子供の悩みにとっても興味があります。
日々の生活で『悩んでることは』積極的に話し合ってパパママ協力して解決しましょう。

パパママが一緒に考えて悩みを解決することで、家族の絆もうまれます。

育児分担した、結果得られるものは!

育児を分担してパパが積極的に育児・家事に参加して、得られるメリットはズバリ…

パパの 信頼度 です。

あとは、奥さんが風邪や体調不良でダウンした場合でも、普段からいろいろやってれば、パパ1人でもなんとか対応できます。

1番うれしいのは、子供達がよってきてくれること。

赤ちゃんも、泣いてても抱っこすると泣き止んでくれます。

慣れるまでは、上手くいかないこともあって大変かもですが少しづつ家事・育児を積極的にやってみて下さい。

ABOUT ME
mokuring
mokuring
この記事を書いた、パパブロガーのもくりんぐです。 最近は、妻が記事を書いて編集は私がやってますが、この記事はすべて私が書いて編集してます。
鼻水でお困りなら、絶対にピジョン電動鼻吸い器がおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)